経費削減

いろいろなプリンター

リサイクルトナーカートリッジで経費削減

リサイクルトナーカートリッジは、レーザープリンター、プリンター複写機で使用が終わった空のトナーカートリッジを回収し、検査、選別を丹念に行い、再使用する部品を手作業にてクリーニングして、トナーを充填して再使用が出来るか品質検査がされたトナーカートリッジです。 このリサイクルトナーカートリッジは非常に低価格にて求められますが、その理由として、カートリッジ自体の開発・製造に掛かる費用の必要がなく、その分コストを下げる事が出来ました、そしてもう1つは、トナーを含めた消耗品の代金に含まれている、プリンタ本体の製造・開発コストを含める必要がなく、リサイクルトナーカートリッジのコストダウンに大変貢献しています。

品質・信頼性を向上させたリサイクル技術の歴史

リサイクルトナーカートリッジの歴史は、国内では約20年前頃から始まっておりますが、流通が始まった当初は、再利用する技術や、その部品も未成熟で、品質も悪くただトナーを補充するだけの製品が多く、トラブルの発生率が高く、リサイクルトナーカートリッジは、「安かろう、悪かろう」のイメージが強く根付いていましたが、一方、近年のリサイクルトナーの品質は、業者の努力によって、販路の拡大・流通量の増大により、競争の激化、また地道な開発のノウハウや部品調達網の強化を行い、徐々に品質や信頼性を向上させて、現在では、純正品と同等くらいのトラブルの発生率が低い、リサイクルトナーカートリッジの品質を保証できるようになっています。